2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

  • S_2
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 緑のカーテン | トップページ | 三都物語 »

2011年7月 4日 (月)

収穫とスタミナジュース

先日からトマトが赤くなり収穫できるようになりました。皮は少し硬いけど味と香は格別。キューリ、茄子、しし唐、ピーマン、にんにくと喜びをも味わっています。そんな中、カマキリを4匹確認。毎年見つけるけど、卵は見たことはありませんが…2階のベランダにどうして来たのか、虫退治をしてくれている様です。

Photo Photo_2

先日田舎の畑でまるで雑草のように育っていた《紫蘇》を先だけ切り取り青紫蘇ジュースを作りました。お酢で作っているのでさっぱりした口ざわり夏場のスタミナジュースとして愛飲しています。想像とは少し違いますが左から紫の紫蘇、青じそ、半端になったミックス紫蘇、分量はみな同じですが青じそはこんな柔らかなピンク。紫蘇はルビー色。作ってみませんか?

Photo_3

« 緑のカーテン | トップページ | 三都物語 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

はちきれそうに新鮮なトマトですね。おいしそう!
カマキリも4匹、活躍してくれるのですか。いい場面ですね。
紫蘇ジュースもそれぞれ微妙な色の違いが見られます。どのジュースが一番おいしいのでしょう。wine

コメント有り難う御座います。
紫蘇ジュースですが、始めは紫蘇は梅干を作る時用にとあちこちに点在しているのを畑に移植して育てていましたが、スタミナジュースにしても好い事を知り、”なるほどいける”から薬味様に栽培した青紫蘇も出来るんでは?緑色になるんかな…から作ってみると香も好いし薄いピンクもまた良し。半端の青紫蘇に少しの紫蘇のミックスは青紫蘇の香り、色もソフト。それぞれの特徴を表現しています。その時の気分でチョイスしています。主人はソーダで私はお水で3~5倍に薄めて味わっています。常温で1年保存。これも作り置き出来て好いですね。

自家作のトマトは熟すまで木に置くので美味しいでしょうね。
菜園は育つ楽しみと食べる楽しみですね。
青紫蘇ジュースピンク色になるのですね。美味しそう
紫蘇は植えなくても毎年同じ所に芽を出して育ってくれます。
朝、青紫蘇とバナナ、ごま、きなこに豆乳を入れてジュースにしています。

皆さん色々工夫されているようですね。
緑のカーテンにミノムシサイズが沢山育っています。キューリとの生長を比較しながら観察しています。手の届かない高い所に大きいのが出来ているのですが、収穫時期をスーパーで見比べて見上げています。楽しいものですね。

青、赤紫蘇作ってますが梅を漬ける時は赤、ソーメンや天ぷらには青と
言う使い分けでジュースは赤ですが色々作って居られて楽しみですね
僕も一応夏野菜は作って居りますがトマト、茄子、シシトウ今年はサッパリ駄目です12年栽培してきましたが初めて、トマトなど最盛期の時は80本植え皆さんに食べて頂きましたが、今年畑も新土で馴染まないのか48本植えましたが小さい小さいトマト、人様に上げられるようなトマトが出来ず仲間は言うます仲間達ではトマト名人と言われ乍ら今年はどうなっているのと皆にいわれる位トマト、茄子は駄目です。

夏野菜、ベランダ栽培初めてですが、これはまぐれなんでしょう。来年は同じ土を使えないだろうし、きっと「上手く出来ません…」という栽培感想が答えになっている事でしょう。天候に左右されるのはどうしょうもありませんしね。

ビワマスさんのお元気なのは自然食品を多くとられるからなのでしょうね。
梅酒はどなたも作られますが、紫蘇でのスタミナジュースて初めて知りました。体にいいようですね。

コメント有り難う御座います。
田舎でもこちらでもお盆頃まで紫蘇が育ったら作っています。もう4年位になります。保存は1年と聞きましたがお風呂上りや稲刈りなどで年内で飲み干してしまいます。
ニフティの動画消えましたね。ユーチューブの登録上手くいきませんでした。来期受講して勉強します。しばらくは画像で投稿していきます。これからも宜しくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409272/40669803

この記事へのトラックバック一覧です: 収穫とスタミナジュース:

« 緑のカーテン | トップページ | 三都物語 »