2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

  • S_2
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月23日 (金)

《 郷土料理 》

今日は故郷の琵琶湖の魚を使った料理を紹介いたします。

お祭りや仏事など親戚などが集まる時に振る舞う料理。まず

【鮒ずし】個性的と言Photo_2うか珍味。高級料理の域に入る代表的な食べ物です。各家庭で独自の味があって癖になる美味しいまた製造工程も大変手の掛かる、鮒自体も外来魚が増え減少しているようです。一度ご賞味下さい。

【小鮎の天ぷら】

Photo_3 琵琶湖にいる鮎はあまり大きくはなりません。海にそそぐ河川に放流されて大きく育ちます。独特の苦みはありますがシンプルにお塩でいただく。これも美味

【ナマズのかば焼き】

Photo_4 最近は食べていませんが、子供の頃の記憶がありますがお味までは残っていませんが…

懐かしいお袋に味かな?

【ビワマスのお造り】

Photo_5 琵琶湖にだけいる個体 高級魚となりますが銀色に輝く綺麗な魚。私の名前の由来はこの魚。大好きな故郷を愛して…かな?

淡水魚 と言うだけで臭みが…と敬遠される方もあるでしょうが脂がのって美味しいです。

【ビワマスの煮つけ】

Photo_6 普段よく煮付けにして食べているのはまた違うのかな?

ビワマスがこうも出てくると自分の事のようにドキ!としてきます。

滋賀へ行かれたら近江牛は有名ですが一度ご賞味あれ!

画像はnetから取り寄せました

2011年9月14日 (水)

【小さい秋見つけた!】

近隣の風景やあぜ道で見つけた小さな花や木の実。秋を感じる風景と季節を変え同じ場所を並べてみました。

最後のキノコはnetで見付けました。食べられるそうです。オニフスベ(別名藪玉)と言うそうです。大きくなるとバレーボール位の大きさになるそうです。キャンプをしていて月明かりの中草むらで見かけたら、想像すると…食べる気持ちにはならないですね。初めて見掛け知りました。写真や住所から探しに行ったけど確認は出来ませんでした。

2011年9月11日 (日)

【こしひかりの収穫】

今年もお米の収穫をしてきました。津波や台風の被害にあわれた方のことを思うと不謹慎かとも思いますが、無事作業を終えてきました。

故郷の滋賀も台風で稲も左右の傾き、水はけも悪くコンデションか良くはありませんでした。最終日には天気予報では午後から雨だったので夜露があるままの状態で早くから開始。ぱらぱら雨が当たり案じましたが何とか止み再開。途中雨で中断したら乾燥機の段取りなどが狂ってしまうからと応援に駆けつけて下さり徐々に天気は回復し午前中には終了しました。

乾燥機に一晩掛け翌日脱穀し袋詰め高齢者の農業従事者に便利な道具を感心しながら5日間の作業完了。少しだけ新米を頂き今日は仏壇にお供えしました。

2011年9月 1日 (木)

【畑の草刈と準備】

8月29日午後から田舎に行って来ました。秋田小町の稲刈りは終わっていましたが、次のコシヒカリの収穫の前に畑の草刈と大根の種まきと鹿よけネットを張ってきました。私はあまり頑張ってはいないけど日中は真夏のような暑さでぐったり。来週またお手伝い、美味しいお米を1年分いただく為に田植えと稲刈りには行っています。

Photo Photo_2

帰って来て皆さんのブログを拝見し感動。素敵な作品の数々。知らない世界を見せて頂きました。私はなかなか作品は出来ないけど、「いつかきっと…」と思っています。

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »