2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

  • S_2
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 雲海を訪ねて… | トップページ | ☆ 皆既月食天体ショー ☆ »

2011年11月25日 (金)

☆徘徊模擬訓練☆

23日に和光小学校の6地区合同で模擬訓練をしました。過去2回懇談会が行われ事前にお店や会社、銀行、病院などに協力をお願いし自治会会長からの要請で我寿会も参加しました。開会式の後3地区で1名の徘徊者捜索の要請を受け町内を捜索するという想定。発見した時の対応や連絡方法を聞き各公民館で待機。服装や特徴の連絡を携帯やFAXで受けいざ捜索。4~5名で協力店にもお願いしたり捜索をしました。1時間で3地区を回る徘徊者(役者)を探すのは同じところを回ってみる事も必要で何処から町内に来るやらわからないし一度公民館の帰ってみようとしたら「もう見つかってほかの地区に行ったよ」との事、再度体育館に戻り各地区の発見時の報告を、沢山の報告を受けた事や短時間で見つけられた事また徘徊者役の方からも美容室に入ったら事前の連絡ですぐ気づいて下さり親切に対応してもらった事や小学生も優しい対応をしてもっらたと報告されました。

私たちは 西南和子 65才  157cm 51Kg 髪2つ分け 赤い帽子 黒いジャンバー・ベージュのズボン 靴 グレーの運動靴 黒い鞄を抱えている人でした。

Photo Photo_2

4台の消防車の巡回放送もあっての訓練これからにいかせたら…

写真は徘徊者になって下さった方の報告でした。

« 雲海を訪ねて… | トップページ | ☆ 皆既月食天体ショー ☆ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

徘徊者の模擬訓練はじめて知りました。高齢者社会になってこんなケースも出てくるでしょうしみんなの協力が必要ですね。市内全域が校区ごとに行っているのでしょうか。市内ではないですが私の知っている人で徘徊する人がいます、携帯電話持っているのですがGPSで探すのも大変らしいです。

「高齢者の安全と家族の安心のための模擬訓練」「認知症になっても安心して暮らせるまちづくり」を目指しての寝屋川で初めて行われた訓練でした。実行委員の方は大変だったと思います。モデルケースで行われ今後市内で実施されていくでしょう。私達の区域のは空き家も多くまた別の意味での問題もあり住民が関心を深めて「安心して楽しく暮らせる町」でありたいですね。
俳回高齢者情報というのがあって登録すればメールで情報が配信されるそうです。

自治会で徘徊模擬訓練とは新しい試みですね。地域の方々の協力で準備が大変だったでしょうが、地域のつながりができていいですね。
先日、近くの認知の方が不明になり、近所の方々が手分けして探して大変だったと伺いました。
我町内、高齢者が増えました。徘徊訓練必要ですね。

訓練で捜索中以前こんな事も有ったと聞き、徘徊者に出会わせた時の対処法が参考になり他人事ではなく身近に起こりうる可能性が大な体験でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409272/43136783

この記事へのトラックバック一覧です: ☆徘徊模擬訓練☆:

« 雲海を訪ねて… | トップページ | ☆ 皆既月食天体ショー ☆ »