2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

  • S_2
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月29日 (木)

歩こう会 嵐山編

3連休の京都の観光地、もみじの名所は初詣並みの人出だったとか・・・

そんな中私たちも地域の老人会から嵐山に、平日なのに沢山の人出で賑わっていました。

簡単な散策地図や緊急の連絡メモ欄も渡してあったのにもかかわらず拝観予定の場所に揃わず断念しましたが、何とか合流出来ました。

ちょうど良い散策日和で秋の嵐山を散策。携帯の万歩計で13000歩近くだったそうです。

3

Photo_7 Photo_8

Photo_9 Photo_10

古都の秋を堪能して来ました。

2012年11月22日 (木)

琵琶湖一周紅葉めぐり

快晴の朝7時10分出発。発琵琶湖一周紅葉めぐりの旅PC教室の有志の方10名でツアーに参加。琵琶湖を反時計回りで、第一は国宝彦根城。

紅葉スポットの玄宮園綺麗な庭園を散策して黒門から天守閣に、ひこにゃんが登りの疲れを癒してくれました。青い空とのコントラストは最高です。

次は鶏足寺。駐車場からは遠く石段の人垣がきをわけて登って、人、人、人・・・耐える事無い人ごみでした。

紅葉の鮮やかさは想像以上で目を楽しませてくれました。

次は奥琵琶湖ドライブウエーとメタセコイヤのトンネルを走行。後部座席が功をそうして良い動画が撮れた様でした。

最後の日吉大社。大型バスの多い事。夜間の撮影は難しいです。テレビでも放映されていて鳥居の形が違う事、比叡山に修業に入る前に鳥居の前で手を合わせて修業に入られるから鳥居の上が山形になっているんだそうです。

どこも紅葉を愛でる人が多くゆっくりは出来ません、仲間の姿は見失うし・・・でも、好天に恵ぐまれた紅葉巡りでした。

2012年11月20日 (火)

けいはんな公園の紅葉

以前から行きたかったけいはんな公園の紅葉を見に行って来ました。

もみじだけが待っていてくれたようでした。鮮やかな紅葉も少し舞い落ちた様で残念でした。

田舎を思い出させるようね里山の風景や巨石の並ぶ峡谷の景色飛び石を渡りたくなるような池など「季節を変えてまた来たいね」と。

二人分の画像を編集するのにどれを残そうか、嬉しい悲鳴でした。

まとまりが無くなったけど鮮やかな紅葉を残したくて…

2012年11月17日 (土)

雪の便り

先日ねんりんウオーク「信長の夢の跡~安土の道ウオーク5,1Km」に参加しました。バス3台のウオーキング。「さすがこちらは寒いな~」と感じつつの完歩でした。翌日マキノ辺りに初冠雪と高原のホームページ「今日のマキノ高原」に掲載されていました。

もう冬は駆け足でやって来そうです。今日びわ湖大学駅伝が開催され京産大が3年連続の栄冠を手にしたと読売新聞の夕刊にゴールするアンカーが大きく紙面を飾っていました。

初冠雪の画像がこちら

Photo_3 24_2

紅葉と白い山がひときわ綺麗!

2012年11月15日 (木)

深まりゆくふる里に秋

秋景色堪能して来ました。

雲海は残念ながら行く事も出来ませんでしたが、雨の中のマウンテンバイクの大会を少しだけ観戦。雨が激しくなり退散しましたが迷路のようなコースと担いで登ったり急な下り坂があったりハンドルさばきを駆使しての迫力ある大会でした。高原のあちこちで見事な紅葉を楽しみ、豊作だった渋柿も今はベランダの軒先に吊るしています。

ノアも田舎では農道をリードを外して自由に散歩を楽しみました。

しばらく動画がUP出来ませんでしたがt、kさんに教えて頂き出来る様になりました。

2012年11月13日 (火)

ふる里の秋

紅葉を見たいのと植木の雪対策をしに田舎に行きました。

土曜日は申し分ない好天気。干し柿用の渋柿取りとシイタケの原木のサルよけの囲いを、杭は打ってあったので金網を取り付け上部には針金入りのネットを。入り口はプラスチックのパレットを完全に囲ったけど、サルとの知恵比べ。

高いシイタケになってしまうのか?

田舎のオープンカーで高原のもみじを。登山口入口は鮮やかに染まっていました。

Photo_10 Photo_11


コンコン、カンカン音がしています。翌日のマウンテンバイクの大会のコースを作っていました。

Photo_12 Photo_13


滝までの登山者もこの景色をカメラに収めて登って行かれました。

Photo_16


メタセコイヤの紅葉も徐々にそして綺麗な虹も。

これからは時雨の季節こんな風景がたびたび見れるのかも・・・

Photo_14 Photo_15

 以下は昨年の画像ですが・・・Cimg2524_5
Photo_20 Photo_22



 

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »