2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

  • S_2
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 神戸花鳥園 | トップページ | 新年のご挨拶 »

2012年12月 9日 (日)

初めまして ビワマスです

Photo Photo_2

初めての登場です。住まいは琵琶湖綺麗な水の中に居ます。

春に遡上するサクラマス・サツキマスと違い秋に遡上します。

幼魚は見分けがつきにくいが朱点が橙色で淡く20cm位で消失します。

Photo_3

オスとメスの区別、聞いたのですが口の形で見分けますが、たぶん左がオス右がメスと聞いたように思います。遡上する頃は体が左の様に赤くなっています。産卵が済んだらビワマスの一生は終わります。鮭と同じです。

見るからに若い、体長も小さな魚もいますがその魚も一生を終えるのか私にはわかりません。

琵琶湖固有のビワマス。ふる里が琵琶湖のお話でした。

« 神戸花鳥園 | トップページ | 新年のご挨拶 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

昨日昼テレビで紅鮭の一生と題して場所は外国名?忘れましたが産卵が近づくと川を登るんですね、自分で産卵場所を探し卵が流れないように巣を作り6千個の卵を産んでオスと共に3年間の生涯を終えるところを放映されて居りました。ビワマスも同じような生涯なんでしょうね、ビワマスの事は初めて知りました、有難う。

今年はマスの遡上見る事は出来ませんでしたが、始め「綺麗な銀色に輝いている魚」のイメージがあって実際鋭いあごのマスを見た時は驚きました。
滋賀に行ったら「鯉のこまぶし」や「ますの刺身」「あゆの佃煮」「鮒ずし」は郷土料理として食卓を囲んで頂くのが楽しみです。

ビワマスから想像すると、果実のビワを想像しますが、鱒のほうなんですね。琵琶湖に生息する鱒のことだと以前説明されていたように思いますが、、、実物を拝見し納得しました。かなり大きい魚ですね。遡上する時に体に赤い縞模様が表われ、産卵し子孫を残すと一生を終えるのですね。切ない気がします。
琵琶湖名産の美味しい佃煮は大好きですが、よく味わって頂くようにしましょう。

鱒も鮭も川にすべて託し子孫を見る事無く一生を終えるなんて淋しいものですね。そんな命を頂く事を有難く感謝して粗末には出来ませんね。
コメント有難うございました。

ビワマスさんのネームここからつけられたのですか?ブログ見て思い出したのですが、戦前の教科書に十和田湖にビワマスを放流し回遊魚で二年たって回帰してきた感動のページがあったように思います。昭和26年に「われ幻の魚を見たり」で映画化されています。
琵琶湖もこういった歴史があるのでしょうね。fishfish

銀色に輝く綺麗な姿の琵琶湖の魚をニックネームに・・・。
最近近くの川に遡上してきたその姿は予想外。色と鋭い顔を見てびっくりでした。でもそれはパートナーを見つけ子孫を残すための姿だろうと思っています。
鱒とビワマスの違いも私は分かりません。

ビワマスさんのニックネームは此のお魚から撮られたのですね、当然果物からと思っていましたので、驚きましたよ、雄と雌の違いの見分け方は口だとか、鳥も鼻や嘴で見分けると言いますが、面白いものですね、ヒラメとカレーの見分け方も面白いです。

滋賀では沢山の方が「ビワマス」を知っている方も多いと思いますが関西では知名度はまだまだ低いです。
川魚は苦手と言う方も多くメジャーにはなれないのかも・・・
色んな料理法を開発しておられる方も多いのですがね。
琵琶湖に生息する魚の中で「高級魚」の部類に入るのですよ。
そんな魚の「ビワマス」のお話でした。

なるほどsign03ビワマスさんの由来??が解りました。失礼・・・
鮭と同じ一生を終えるのですね。子孫を残したら死んでしまうはかない定めを懸命に生きる鮭、鱒なのですね。テレビで見た時の感動を新たにしています。

後で本当のビワマスに会って思っていたイメージとは離れていましたけど、まァこれも良し・・・の思いです。
残っている人生楽しく ですね。

ビワマスさんの名前からしてきっと琵琶湖にいるマスから取られたのだろうとは思っておりましたが、こんな魚ということは初めて知りました。やはり産卵を終えると死んでしまうのですね・・・なんだか悲しい・・・ご紹介ありがとうございました。

私の思い違いだったのか・・・昔新珠美千代が主人公だった大阪が舞台のドラマで滋賀の魚の名前が出ていた。
何のエサでも食いつく ぼてじゃこ と反対に(・・・?)とかいう魚、それが銀色に輝く綺麗な魚 ビワマス と勘違いしていたようです。
本当の魚の名前は不明ですが調べてみようかなと思うこの頃です。

ビワマスの魚名は聴いたことがありますが、添付の写真で初めて見ました。ビワマスさんの名前もここから付けられたとは思ってましたが、これで確信できました。今年もあと数日で終わりますが、ふるさと湖西の素晴らしい風景写真等見せて頂きありがとうございました。来年も湖西の四季の風景写真期待してます。また機会があればご一緒に撮影会に参加したいですね。よき新年をお迎えください。ありがとうございました。

何気なく見ていた風景もカメラを通してみると良いもので、来年は新しい発見を、と思っています。
撮影会又是非にお誘い下さい。今年もあとわずかです。
どうぞ良きお年を迎え下さい。
そしてこれからも宜しくお願い致します。
有難う御座いました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409272/48139327

この記事へのトラックバック一覧です: 初めまして ビワマスです:

« 神戸花鳥園 | トップページ | 新年のご挨拶 »