2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

  • S_2
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月29日 (金)

琵琶湖春の行事

『琵琶湖開き』 3/9

琵琶湖に春の開幕を告げ、湖上安全を祈念し、環境保全などを呼びかけるセレモニーが3月9日に行われました。恒例の一日船長の任命式の後式典が執り行われ式典が終わるとミシガンを先頭に観光船が出発して、豪華な湖上パレードが行われます。琵琶湖開きのメインである黄金の鍵が一日船長によって投下されます。ミシガンの周囲をヨットが帆走し、湖上の祭典は盛り上がります。

Photo

『比良八荒』 3/26

比良八講荒れじまい 近江にはそんな言葉があります。

一見、穏やかに見える琵琶湖ですがこの時期、寒気がぶり返し比良山から突風が吹いて大荒れになる事があります。

この局地風を「比良颪」とか「比良八荒」と呼びます。

琵琶湖の西側は比良の東麓が湖に迫っていて急斜面を駆け降りる様に吹くこの西北風は、湖西線が運休したり停車中の貨物列車が横転したことも有ります。

旧制第四高等学校漕艇部の遭難事故もこの「比良颪」が原因ともいわれます。

かって比良にあった天大寺院で、法華経を講続する「法華八講」とよばれる法要が営まれておりこの時期が琵琶湖の荒れる時期と重なっていたことからこれが終わる頃には局地風も収まるという意味で「比良八講 荒れじまい」という言葉が生まれたそうです。

天台僧侶によって、浜大津、近江舞子で行われます。

Photo_2

この祭事が終わったら本格的な春がやってくる。

2013年3月25日 (月)

田植えまでの準備

金曜日の午後法事も有って田舎に行きました。

山の雪が解けマンサクの花が咲きネコヤナギやフキノトウが顔を出すと

そろそろ種蒔きの準備にかかります。

大きなタライに籾を漬け酸素を送りながら発芽を促します。

引き上げて水けをきってそろそろ始めます。

(ここまでは前もって準備してありました)

まず箱の中に土と肥料を分量分測って混ぜて計測して入れておきます。

ベルトコンベヤーの機械に通します。

水、籾、かぶせ土が自動的に落ちて来ます。

それを育苗機の棚に並べて入れて行きます。

5日間温度30度に設定して管理します

苗が5cm位になったらビニールハウスに移します。

ここでも温度管理は気を抜けないそうです。

この時点では苗はまだ白いそうです。

2回目の種蒔きをしてビニールハウスで約一ヶ月後

田んぼに植えられるようになります。

育苗機を覗かせて貰いました、白い苗が顔をのぞかせていました。

そっと手をかざしたら30度の熱気は熱帯を思わせる位でした。

子供の頃に見た種蒔き風景とは随分変わっていました。

2013年3月21日 (木)

伊丹・緑ヶ丘梅林

PCの先輩方とご一緒させて頂き伊丹の緑ヶ丘梅林への撮影会に参加。

飛行場以外の伊丹です。遠足気分で出掛けたものの、梅園に着くやみんな真剣にカメラを向けて…。

焦って私もなかなか上手く構図が取れません。

すっきり青空ではありませんが、汗をかいていました。(私だけcoldsweats01

何とか撮影出来ました。満開をやや過ぎた様な梅ですが香りは楽しめました。

力強いい枝振りと可憐な花絵になります。

私の技量では上手く表現できません。

撮影を終え昼食の後JR伊丹駅まで散策。震災の事を聞きながら復興した綺麗な街並みを歩きながら酒蔵の資料館を見学。

有岡城址を経て帰路に。

構図を教えて貰って楽しい撮影旅でした。

2013年3月15日 (金)

春が来た♪

暖かな日があったり寒い風が吹いたり…でもそこまで春が。

Photo_3

ヒヨドリに痛められた花も復活しました。
Photo_4
可愛いメジロも来てくれました。
Photo_5
サクランボ次の日には咲き揃いミツバチがやってきました。
_2
気分上昇の春。花咲く春がもうそこまで来ているようです。



2013年3月10日 (日)

シラトリ家の滞在記

毎年ふる里「滋賀高島市」に白鳥が飛来している。と聞いていました。

でもなかなか見に行って見つけて、なんて困難で…
ブログを見ていたら白鳥の中にマガンが混じって行動を共にしていると書いてあって、その後が気になってたびたび拝見していました。
3月にはシベリアに帰って行く事も知り「居なくなったら淋しいな~」と思っていたら3月3日に旅立ったそうです。

改めて以前の画像を懐かしんでいたらこのままでは勿体無いとスライドにしました。画像は(ハルちゃん・せいこさんに)了解を得て作成しました。

全て掲載とは、音楽との関連で出来ず、思いは伝えられなかったですが可愛い表情を見て頂ければ白鳥がこの地を選んで飛来してくれた気持ちも分かるような。

去っていく姿を見送りながら胸がキュンと切なくなって最後まで見送る事が出来なかったそうです。

昼休みや帰宅途中で撮影してUPして下さいました。

2013年3月 7日 (木)

倉敷美観地区散策と雛めぐり

久し振りの早起きで岡山へ。快晴の行楽日和です。

枚方からツアーバスに乗車。カラフルなバスでした。

牛窓で日生の牡蠣を頂きました。オリーブ園では温暖な瀬戸内海を眺めました。

Photo

小さな島と島とが干潮で渡れるんだそうです。その名はエンジェルロード。

カップルで渡ると結ばれるんだとか、また倖せの鐘を3回鳴らすのも、ここのオリーブ園で葉っぱがハート形のを見つけると良い事が訪れる。

そんな言い伝えも。

美観地区の散策と雛めぐり、華やかでかつ伝統を感じつつゆったり岡山の旅満喫しました。


2013年3月 3日 (日)

我が家の家宝

数少ない我が家の家宝です。

西国めぐりは主人と地図を見ながら

「あれっ さっき通っとこやなぁ」と迷いながら

1年をかけて回りました。

四国はツアーに参加して足かけ3年少し掛かってしまいました。

先達さんに色んな事を学びお遍路の作法や般若心経も覚えられました。

ご先祖様に感謝し、お大師様に手を合わし安らかな時間を過ごしました。

「食事作法」(じきじさほう)も教わり感謝の気持ちで美味しく頂きました。

本堂や大師堂に収める「収め札」の種類やただ名前を書いて入れる。

だけでなく裏面もお願い事や先祖様の供養も書けばいいとも教わりました。

そんな先達さんからお願いして頂いたのが金と錦の収め札。

家宝に表装しました。

金は50回以上錦は100回以上お遍路した方が使う収め札だそうです。

頂いた時は飛び上がる位嬉しかったです。

Photo

Photo_3

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »