2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

  • S_2
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« ノアの独り言 | トップページ | アマリリスが咲いた »

2013年6月20日 (木)

手芸にチャレンジ

先日からr手芸に取り込みました。

ご近所へお邪魔しての制作です。

可愛いのが出来ました。

作品はペットボトルのお茶の入れ物とUSBの入れ物。

可愛いでしょ。 (自画自賛happy01です。)

Photo時間があって画像の整理をしていました。

奈良の霊仙寺(字が違ったかな)バラのアイス。食べるのが惜しい位。

目で楽しみ、味わった思い出。

Photo_2 Photo_3
 

最近の画像が右 花びらの枚数は違うけどまた行きたくなりましたね。

待望の雨…。と喜んではいられないけど、木々や草花には恵の雨。

田舎では連日蛍鑑賞日和。

蛍も元気にランラン乱舞と目を楽しませてくれるでしょう。

« ノアの独り言 | トップページ | アマリリスが咲いた »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

パッチワークの作品、いいのができましたね。
手芸の小物を持っている方に出会うと、声掛けして見せていただき、「素敵ですね・・・ありがとう…」相手の方もにっこりされます。
どちらの作品も、教室に持ってこられますね。また見せてくださいね。

何でも出来るkekoさんに言ってもらうと恥ずかしい作品です。
1つ教わると次から次に挑戦したくなって…。
新しい事の挑戦は時間の経つのの早い事。
(いやいや手が遅い…とも言います)coldsweats01

趣味が多くそれも見事な物ばかり、良いですね。ペットボトルの入れ物素敵よ、そんなに簡単に出来るのですか?到底私には無理な事、今度USBの入れ物見せて下さいネ、バラの花のアイスそちらの方が私は好き、でも綺麗なバラのアイス食べるの勿体ないね。

レオさんコメント有難うございます。
作品は「良いな~」と思って「作って」って言ったら「貴女が作り」って言われ下手なりに作ってみました。可愛い小物を見ると作ってみたくなります。
慣れたらペットボトル入れも魚も1日で出来ると思いますよ。

バラの花も好きだけど、私も「花より団子」ならぬ薔薇のアイスもう1度食べたい。
奈良の霊仙寺のバラ園の中の売店で、食べる前に「待って!」と思わず写真を撮った思い出が懐かしいです。

今日、教室で実物を見せていただきましたが、どうして、どうして!実に立派。凄く可愛らしく上手に作られていましたね!実用的なものなのでなおいいですね。私もやってみたいのは山々なんですが、肩こりがひどいものですから、最近は手芸とか、お裁縫とか一切やっておりません。kekoさんやラビットさんそれにビワマスさん、羨ましい限りです。

ofujiさんコメント有難うございます。
時間を見つけての不定期な作品作りです。
小学生の裁縫の時間から「私には向いていない」と実感していましたが、
今だに手は遅いし綺麗に行きません。
残念ながら娘や孫に遺伝しています。
好きこそものの…なんて言いますが例外の部に入っているようです。
ゆっくり、ぼちぼち可愛い小物の作品に挑戦してみます。

こんばんは~
素敵な作品ですね♪
こんな素朴な色合いスキです^^
パッチワークなんですか?布によって随分雰囲気が変わるでしょうね

薔薇のアイスですかどんな味なのかなぁ?
ほんとに食べるのがもったいないですね^^

私が教えて貰っている方は注文を受けて作品を作っておられます。
「この前見た…」といっても作品はすでになく「好きな生地で好きに組み合わせて」ってセンス無いから迷ってしまいます。
薔薇のアイス ほのかににバラの香りがした記憶。
お寺にバラ園があるのですよ。園内のテラスでバラを見ながら頂きました。奈良の富雄だったと…お友達と秋にでも訪れてみて下さい。

手作り作品、完成された喜びはひとしおでしょう。
パッチワークで、温かい感じの作品ですね。素敵です。お喋りしながら、一針一針、楽しい時間ですね。とてもかわいいデザインですね。また、拝見させてください。

デザインが可愛くて作りましたが、先生の作品の記憶と「なんか違う」
そんな出来栄えになってしまいました。
作っている間は時間の経つのがすごく早く感じます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409272/52111142

この記事へのトラックバック一覧です: 手芸にチャレンジ:

« ノアの独り言 | トップページ | アマリリスが咲いた »