2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

  • S_2
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« ★日帰り自治会旅行☆ | トップページ | 彼岸花の里 »

2013年9月11日 (水)

オリンピック桃果=ももか の夢(桜花=さくら) の夢

9/10の中日新聞に姪の子供の記事が掲載されたとメールが・・・

netで探したけど見つけられず携帯で送られた画像は大きすぎてみる事が出来ず娘のスマホに送ってもらいました。県内の試合の時取材に来られたとか。

ホントにこう答えていたのか記事の内容は

滋賀県長浜市女子バレーボールチームで活躍する桒原桃果さん(12)は「8月に出場した全国大会の会場が東京だった。あの東京で五輪があるんだ、とうれしくなった」と話す。169センチの長身アタッカーで、女子日本代表の木村沙織選手に憧れ、同じように主将兼エースとしてチームを引っ張る。「オリンピックに出てメダルがほしい」といいきった。

その新聞がこれ・・・夢叶うといいな、頑張ってネ。

S

« ★日帰り自治会旅行☆ | トップページ | 彼岸花の里 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

嬉しい記事ですね。
東京オリンピックは7年先、桃果ちゃんは19歳。世界バレーでも若い選手が活躍していました。
夢は大きくていい・・・叶えられるといいですね・・・

少年よ大志を抱け・・ですよね。
私が今の桃果だったら、同じように思ったでしょう。
東京オリンピックを手に汗して観戦したバレーボール。
それが桃果と桜花が出場していたら、想像だけでもワクワクします。
これからの試合も楽しみにして応援して行きたいです。

僕の従兄弟になる子供娘が20年前県代表でバレーボールですが、全国高校総合体育祭に出場した時、従兄弟の子でも故郷でも、僕そうでしたがワイワイ騒ぎましたが、ビワマスさんの姪となれば力が入りますね、頼もしいでしょう、大きく育ってほしいです東京オリンピックに選手の発堀に向けられるのも高校、中学生達、頑張ってほしいですね。

オリンピックが東京都決定するまでは「次の試合はリベンジだ~」だったのですが、選抜チームすらも意欲なかったらしいのです。・・・が目標の灯りが見えたようです。
”頑張れ~”と念力送っています。

早速、身近にオリンピック選手が生まれそうで、夢が膨らみますね。7年後が楽しみです。
子供たちにとっての目標がオリンピックともなれば、周りの大人たちの力の入れようも変わってくることでしょう。元気で生きていたいと改めて思いますね。日本国中の人達が、喜んでその日を迎えられるようになっていれば、どんなに嬉しいでしょう。

夢に向かって少しずつ前進出来れば良いですね。
お盆の全国大会の折お参りして下さる親戚やお寺さんにも今日1つ勝って午後1試合。明日も・・・との会話の中でオリンピック応援ツアー組んで・・・なんて言ってましたが、東京となれば熱が入りますね。
本人達もますます練習に励む事でしょう。
怪我をしない様にと思うばかりです。

七年後がオリンピックなので目標もって挑戦することはいいですね。前回の東京オリンピックでは女子バレーが東洋の魔女と呼ばれ見事金メタル獲得あの感動の瞬間おぼえています。
姪子さんも目標ができてこれから夢実現に向けて頑張ってください。

時代の違いはあれテレビやネットで情報や知識を得、夢に向かう事が出来良い時代ですね。
7年後も元気でオリンピック観戦出来るようにしていたいです。前回のオリンピックを思い出します。

楽しい夢があり羨ましい限りです、木村沙織さんのように是非頑張ってください、今から7年間、19歳、
羨ましい年代、一番元気で、張り切って頑張れることでしょう、ビワマスさんも楽しみが有り、頑張れますね。是非ともオリンピックに出場して下さいよ。7年後の事陰乍ら祈っています。少しでも知っている方が選手に選ばれると、応援の仕方も変わりますから。


夢を実現にむけてガンバッて行ってほしいと願っています。
今、ふる里高島市は各地で被害が、収穫前の田んぼが水浸し、河川には石や流木が押し流されて橋げたや河川敷きに、通行止めがまだ解除されてない所も・・・
爪痕は大きい様です。
幸い実家は大丈夫でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409272/53226855

この記事へのトラックバック一覧です: オリンピック桃果=ももか の夢(桜花=さくら) の夢:

« ★日帰り自治会旅行☆ | トップページ | 彼岸花の里 »